2017-10

W杯北中米カリブ予選最終節で起きた、サッカー史に残るであろう大誤審

W杯予選最終節が各地で行われた今日は、本当に面白いゲームが沢山ありました。アメリカ、オランダ、チリといったW杯常連国が敗退してしまったのはショックでしたね。今回は、さらにショックな判定があったので紹介したいと思います。


取り上げるのはパナマ×コスタリカのゲーム。同時開催のアメリカが負けているため、勝てば史上初のワールドカップ出場となるパナマですが、一点ビハインド。そんななかでCKを獲得しました。中央に送られたボールはゴール前で大混戦。レフェリーはゴールの判定を下します。

必死にレフェリーに詰め寄るコスタリカの選手たち。それもそのはず、明らかにゴールラインを越えていません。このようなボールの動きだとゴールラインを越えることが多いのですが、これは明らかに越えていませんね。
副審がこれを判定するのはまず不可能でしょうし、主審もなかなか判定しづらかったと思います。この予選ではAAR、VAR.GLTを取り入れていなかったのもパナマにとってはラッキーだったかもしれません。勢いに乗るパナマは、このあと逆転に成功。見事ワールドカップ出場を果たしました。

この判定は予選全体に大きく影響しました。パナマが勝利しなければワールドカップ出場の望みをつないだアメリカ、同じくパナマが勝利しなけれワールドカップストレートインとなったホンジュラスはたまったもんじゃないでしょう。
この判定は世界中で物議を醸していますが、ゴール前での混戦が大きく判定に影響したので、審判団を批判する人よりも制度について言及する人が多いように感じます。最悪のタイミングで、人間の限界を感じる出来事が起きてしまいましたね。FIFA側はどのようなリアクションをするか気にしたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://vamofctokyo.blog.fc2.com/tb.php/1070-cf25f628
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

カウンター

ツイッターアカウント

リンク

このブログをリンクに追加する

にほんブログ村

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

FC東京 (550)
チャント (4)
jリーグ (62)
日本代表 (89)
海外サッカー (28)
FC東京 バレーボール (4)
挨拶 (26)
未分類 (16)
トリビア (7)
日常 (27)
企画 (25)
ユース (27)
再掲 (1)
あるある (2)
日本サッカー (22)
Jリーグチャント集 (6)
更新情報 (17)
選手名鑑 (36)
実況 (3)
移籍情報 (80)
FC東京U-23 (15)
審判 (3)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
1122位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
サッカー
194位
アクセスランキングを見る>>

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR