2017-05

ルヴァン杯大宮戦での森重のゴールに「高い技術」が多く隠されているので解説してみる

お久しぶりです。

さて、昨日行われたルヴァン杯大宮戦はFC東京が4-3で勝利を収めました。首位通過へまた一歩近づけましたね。

この試合でのFC東京の4点目、森重のゴールがとても素晴らしいので解説してみます。

まずは公式ゴール動画を。


FC東京のFKの場面。ターゲットとなることの多い森重は矢印の根元、つまりゴールから遠い位置にいます。
そしてタイミングを計り、森重はゴール方向へダッシュ。もちろんマークについている大宮の選手(以下大宮A)がいるので「工夫」をします。ダッシュするのはピーターウタカと、ウタカのマークにつく大宮の選手(以下大宮B)の間。


すると赤丸の中に注目。大宮Bはウタカのマークにつこうとするも、森重が間に割り込んだことでウタカとの距離が若干できてしまいます。つまりウタカはフリーに。
また、森重もマークを剥がしています。それは大宮Bが大宮Aの仕事(森重のマーク)をブロックしているから。森重のマークにつきたい大宮Aと、ウタカのマークにつきたい大宮Bの思いが交錯し邪魔をしてしまう結果となりました。


ここまでくると得点しないわけがありません。翔哉がスペースに蹴り込んだボールに、ウタカとのコンビネーションでマークを外した森重が飛び込みます。このとき、前述の通り森重のおかげでウタカもフリーになっているため、仮にボールが少しズレていても後ろのウタカがシュートできる状況です。
そして森重のヘッド!この至近距離でシュートを止められるGKは多くはないでしょう。見事FC東京に4点目が生まれました。


ちなみに森重が飛び込んだスペースは阿部が開けたことに気づいたでしょうか?
このゴールには森重のマークを外す能力の高さ、ウタカと森重のコンビネーション、阿部のフリーラン、翔哉の高精度のクロスボールと多くの技術が詰め込められています。
今後もこのようなゴールに期待したいです!
関連記事
スポンサーサイト

FC東京、世界クラブランキングで日本勢1位に!

2016年の世界クラブランキングがIFFHSより発表されました。以下のURLよりご覧ください!
http://iffhs.de/club-world-ranking-2016/

一位はアトレティコナシオナル。UEFA以外のクラブが一位となるのは初だそうです。

そして注目の日本勢。1位に立ったのは、195位でなんとFC東京!ACLベスト16とはいえ、監督交代ありのリーグ9位に終わったクラブが1位になるとは笑。ちなみに、レアルソシエダよりも上です。

世界に認められるクラブになるためにも、結果を残したいですね!


トップ400にランクインしたJクラブ
195位 FC東京
221位 鹿島アントラーズ
236位 浦和レッズ
313位 サンフレッチェ広島
348位 ガンバ大阪
369位 川崎フロンターレ
関連記事

FC東京、練習時の写真・動画撮影を全面禁止に

小平グラウンドを中心に練習を行なっているFC東京。そこには多くのファン・サポーターが詰めかけ、練習の様子を見学する姿が見られます。

これまで練習を見学する際、戦術練習のみ写真撮影が禁止されていました。戦術練習開始、終了は見学場所の近くに位置する警備員によってファン・サポーターに知らされ、写真撮影の可否が分かるようになっていました。
しかし今回、戦術練習に限らず練習中の写真撮影が全面禁止されることとなりました。これにより、練習を見学しに来たファン・サポーターによる写真撮影はファンサービス時のみ可能となります。
理由としてFC東京は「公式戦に臨むメンバーの漏洩、負傷者の情報の流出、練習試合を行う際の相手チームの情報流出」を防ぐためとしています。

これまでSNS上では練習を行う選手の写真がアップされることが多く見られました。これも今回の措置により、もちろん禁止となります。また、「〇〇選手が全体練習に合流した!」「〇〇選手が別メニューだった」という情報がファン・サポーターのツイッターなどで発信されることも多くありました。これも原則禁止となります。

SNS上で選手の様子を知ることができるのはファン・サポーターにとって嬉しいことです。ただ、クラブの情報を発信する行為は対戦相手に情報を与えていることにもなります。
多くの方が悪気なくSNSに発信していると思いますが、FC東京にとっては非常に迷惑な行為です。今後もこのようなことが続くであろうと判断し、このような決断をしたのでしょうね。

繰り返しますが、今後FC東京の練習の様子をカメラに収めること、練習の様子や選手の負傷情報をネット上に発信することは禁止です。
FC東京の情報を伝えられるのは公式のアナウンスとメディアだけですよ。


詳しくはここをクリック
関連記事

FC東京×浦和レッズでGK専用生中継がされる!

次々節、FC東京はホームに浦和レッズを迎えます。FC東京のGKは林、浦和のGKは西川と日の丸を背負うGK同士の対戦となります。
ということで、この試合を生中継するNHK(BS1)は、サブチャンネルにてGKを映し続ける試合中継を行うことを発表しました。

試合中継は以下のように行われます。(サッカーダイジェストより)
2017040416491962a.png
画面左上に試合の様子を、画面右上にGK専用カメラの映像を映すようです。また、左下にはリアルタイムの試合データを、右下にはGKに関するデータが映されるようですね。
そして、この試合中継では山本氏と小島氏の解説もあるようです。ただ映像を見るだけでなく、専門知識なども同時に楽しめそうですね。

もちろん、101chでは普段通りの試合中継もされます。この試合は色々な楽しみ方があるでしょう。
関連記事

FC東京×サガン鳥栖 マッチレポート

色々と因縁深いサガン鳥栖とのゲーム。悔しい結果に終わりました。


ゲームは序盤に動きます。イバルボが森重のファールを誘い、鳥栖にPKが与えられます。これを豊田が決め、4分に鳥栖が先制しました。
早々に失点した東京ですが、前半の決定機は翔哉の右ペナ角からのシュートと終了間際の森重のヘッドくらい。対する鳥栖も決定機といえるようなシーンは作れず、0-1で試合を折り返します。

後半、スイッチが入ったのはやはり東京でした。永井に代えて東を投入し、攻撃の活性化を図ります。
47分、その東のパスから阿部がシュートを放ちますが、相手DFの腕に当たり(ノーハンド)得点とはなりません。一方の鳥栖は67分、豊田に決定機が訪れますが林が上手く飛び出しゴールを死守。追加点は奪えません。
すると70分、阿部が右サイド深いところまで持ち込み、クロスを供給。これをウタカが頭で合わせ、ゴール。ウタカにとって公式戦三試合連続となるゴールで、東京が追いつきます。
こうなるとホームチームの流れとなるのがサッカーというもの。6分後に東京がCKを獲得ると、セカンドボールを権田がファンブル。これを拳人が左足ボレーでネットに突き刺し、東京が逆転に成功します。さらに10分後、阿部が前線にラフなボールを蹴り込むと、キムと権田が痛恨の連携ミス。これをウタカがきっちりと決め、ダメ押しの3点目が東京に入ります。
しかし、このままでは終わらないのがこのカード。直後に森重、林の東京守備陣にミスが出て鳥栖に追撃のゴールを許します。そして90分、豊田がハイボールに競り勝ち、ゴール前のチョドンゴンへ。これを鮮やかな反転アウトサイドでのシュートで3点目を奪った鳥栖。土壇場で同点とします。
その後、鳥栖にはイバルボと豊田に4点目のチャンスが訪れますが、いずれも林が防ぎます。東京もラストプレーでゴールに近づきますが、シュートには持ち込めずタイムアップ。3-3の、いわゆる痛み分けに終わりました。


前半だけ見れば負け試合、後半だけ見れば勝ち試合という印象の90分でした。
宏介は左足を常に警戒され、またぎなどで相手を揺さぶるも右足でクロスを上げざるをえなくなったら、後ろに戻さずをえなくなったりして持ち味を出せませんでした。
草民は守備で貢献しましたね。ボール奪取後のパスは、味方との距離が遠くインターセプトされることが多かったです。

個人的に気になったのはこの2人ですかね。嘉人やCBなども課題は残りましたが、なんとかなるんじゃないかな笑。とりあえず、次に切り替えましょう。
関連記事

2017 FC東京全35選手&監督コール・チャント集

※コール・チャントの記載がない選手はFC東京での公式戦出場がない選手です

ユルネバはここから
チームチャントはここをクリック!!

GK No.1 大久保択生

DF No.2 室屋成
ムロヤ ムロヤ ムロヤ
オ〜 セイムロ〜ヤ オ〜 セイムロ〜ヤ オ〜セイムロ〜ヤ(一回だけ使用。ゴール時にまた歌うかも)

DF No.3 森重真人
モリシゲ モリシゲ モリシゲ
ラララ〜ラ ラララ〜ラ モリシ〜ゲ マサト〜

MF No.4 吉本一謙
ヨシモト ヨシモト ヨシモト

DF No.5 丸山祐市
マルヤマ マルヤマ マルヤマ

DF No.6 太田宏介
コースケ コースケ コースケ
オオオオ オ〜オオオオ〜 オオ〜オゥ太田宏介ー

MF No.7 米本拓司
ヨネモト ヨネモト ヨネモト
ヨネモト〜 ヨネモト〜 俺たち〜の ヨネモト〜(米本以外でも使われることがあります)

MF No.8 高萩洋次郎
タッカッハギ タッカッハギ タッカッハギ
ララ ラ〜ラ〜ラ〜ラ〜ラ〜 タカハ〜ギヨ〜ジロ〜 ララ ラ〜ラ〜ラ〜ラ〜ララ〜ラ タカハ〜ギヨ〜ジロ〜

FW No.9 ピーターウタカ
ウッタッカ ウッタッカ ウッタッカ
ウッタッカ アレアレアレ ウッタッカ アレアレアレ(オレオレオレかもしれません…)

MF No.10 梶山陽平
カジヤマ カジヤマ カジヤマ
トーキョーの10番は オ〜オ カジヤマヨ〜ォ〜ヘイ

FW No.13 大久保嘉人
ヨシト ヨシト ヨシト
ヨ〜シ〜ト〜 大久保嘉人のお通りだ ヨ〜シ〜ト〜 奴らのゴールにぶちかませ ヨ〜シ〜ト〜 ヨ〜シトが空を飛ぶ〜
大久保嘉人 ラララ ララ〜ラ 大久保嘉人 ラララ ララ〜ラ 大久保嘉人 ララ〜ラ〜 ラララ ラ〜ラ〜


FW No.15 永井謙佑
ナガイ ナガイ ナガイ

FW No.16 ネイサンバーンズ
バンズ バンズ バンズ
バーンズ バーンズ バーンズ バーンズ ゴ〜ォル バーンズゴ〜ル バーンズゴ〜ォ〜ォル

MF No.17 河野広貴
カワノ カワノ カワノ
オ〜 カワノヒロキ〜 カワノヒロキ〜 カワノヒロキ〜 オ〜
落ち着けカワノ 落ち着けカワノ 落ち着けカワノ

MF No.18 石川直宏
イシカワ イシカワ イシカワ
ナ〜オ〜 ナ〜オ〜 ナ〜オ〜
ナナナ ナ〜ナ〜ナナナナ イシカワナ〜オ〜 ナナナ ナ〜ナ〜ナナナナ ナ〜オ〜ゴ〜ル

MF No.19 平岡翼
タスク タスク タスク

FW No.20 前田遼一
マッエッダ マッエッダ マッエッダ
マエダリョ〜イ〜チ 俺たちと〜共に〜 マエダリョ〜イ〜チ 青赤に〜染まれ〜 ラララララララ ラララララララ ラララララララ トオキョオのマエダ〜

MF No.21 ユインス
インス インス インス インス

DF No.22 徳永悠平
トクナガ トクナガ トクナガ
オ〜 トクナガ〜 オ〜 トクナガ〜 強い 速い 点も 取れる 大型ディフェンス トクナガ〜

MF No.23 中島翔哉
ショーヤ ショーヤ ショーヤ ショーヤ
オ〜ショーヤ オーショーヤ オー ショーヤ ショーヤ ショーヤ

MF No.24 佐々木渉
ワタル ワタル ワタル

DF No.25 小川諒也
オガワ オガワ オガワ

DF No.26 柳貴博
ヤナギ ヤナギ ヤナギ

MF No.27 田邊草民
ソ〜タン ソ〜タン ソ〜タン ソ〜タン
ソ〜タン オオオ ソ〜タン オオオ ソ〜タン オオオ ゴ〜ルを決〜め〜ろ〜

MF No.28 内田宅哉
ウッチッダ ウッチッダ ウッチッダ

DF No.29 岡崎慎
マ〜コ マ〜コ マ〜コ マ〜コ

GK No.30 廣末陸
リ〜ク リ〜ク リ〜ク リ〜ク

GK No.33 林彰洋
ハヤシ ハヤシ ハヤシ

MF No.35 鈴木喜丈
ヨシタケ ヨシタケ ヨシタケ

MF No.36 山田将之
ヤマダ ヤマダ ヤマダ

MF No.37 橋本拳人
ケント ケント ケント ケント

MF No.38 東慶悟
ヒガシ ヒガシ ヒガシ
オ〜 ヒガ〜シケ〜ゴ オ〜 ヒガ〜シケ〜ゴ オ〜 ヒガ〜シケ〜ゴ

FW No.44 阿部拓馬
ア〜べ ア〜べ ア〜べ ア〜べ
ア〜べ〜タクマ〜 ア〜べ〜ェタクマ〜 ラララ ラ〜ラ ラララ ラ〜ラ ラララララララ〜

GK No.50 波多野豪
ハタノ ハタノ ハタノ

監督 篠田善之
シノダ トキョ!
関連記事

«  | ホーム |  »

カウンター

ツイッターアカウント

リンク

このブログをリンクに追加する

にほんブログ村

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

FC東京 (550)
チャント (4)
jリーグ (59)
日本代表 (89)
海外サッカー (27)
FC東京 バレーボール (4)
挨拶 (26)
未分類 (15)
トリビア (7)
日常 (27)
企画 (25)
ユース (27)
再掲 (1)
あるある (2)
日本サッカー (22)
Jリーグチャント集 (6)
更新情報 (17)
選手名鑑 (36)
実況 (3)
移籍情報 (78)
FC東京U-23 (14)
審判 (1)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
334位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
サッカー
62位
アクセスランキングを見る>>

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR