2017-03

2017 FC東京全35選手&監督コール・チャント集

※コール・チャントの記載がない選手はFC東京での公式戦出場がない選手です

ユルネバはここから
チームチャントはここをクリック!!

GK No.1 大久保択生

DF No.2 室屋成
ムロヤ ムロヤ ムロヤ
オ〜 セイムロ〜ヤ オ〜 セイムロ〜ヤ オ〜セイムロ〜ヤ(一回だけ使用。ゴール時にまた歌うかも)

DF No.3 森重真人
モリシゲ モリシゲ モリシゲ
ラララ〜ラ ラララ〜ラ モリシ〜ゲ マサト〜

MF No.4 吉本一謙
ヨシモト ヨシモト ヨシモト

DF No.5 丸山祐市
マルヤマ マルヤマ マルヤマ

DF No.6 太田宏介
コースケ コースケ コースケ
オオオオ オ〜オオオオ〜 オオ〜オゥ太田宏介ー

MF No.7 米本拓司
ヨネモト ヨネモト ヨネモト
ヨネモト〜 ヨネモト〜 俺たち〜の ヨネモト〜(米本以外でも使われることがあります)

MF No.8 高萩洋次郎
タッカッハギ タッカッハギ タッカッハギ
ララ ラ〜ラ〜ラ〜ラ〜ラ〜 タカハ〜ギヨ〜ジロ〜 ララ ラ〜ラ〜ラ〜ラ〜ララ〜ラ タカハ〜ギヨ〜ジロ〜

FW No.9 ピーターウタカ
ウッタッカ ウッタッカ ウッタッカ
ウッタッカ アレアレアレ ウッタッカ アレアレアレ(オレオレオレかもしれません…)

MF No.10 梶山陽平
カジヤマ カジヤマ カジヤマ
トーキョーの10番は オ〜オ カジヤマヨ〜ォ〜ヘイ

FW No.13 大久保嘉人
ヨシト ヨシト ヨシト
ヨ〜シ〜ト〜 大久保嘉人のお通りだ ヨ〜シ〜ト〜 奴らのゴールにぶちかませ ヨ〜シ〜ト〜 ヨ〜シトが空を飛ぶ〜
大久保嘉人 ラララ ララ〜ラ 大久保嘉人 ラララ ララ〜ラ 大久保嘉人 ララ〜ラ〜 ラララ ラ〜ラ〜


FW No.15 永井謙佑
ナガイ ナガイ ナガイ

FW No.16 ネイサンバーンズ
バンズ バンズ バンズ
バーンズ バーンズ バーンズ バーンズ ゴ〜ォル バーンズゴ〜ル バーンズゴ〜ォ〜ォル

MF No.17 河野広貴
カワノ カワノ カワノ
オ〜 カワノヒロキ〜 カワノヒロキ〜 カワノヒロキ〜 オ〜
落ち着けカワノ 落ち着けカワノ 落ち着けカワノ

MF No.18 石川直宏
イシカワ イシカワ イシカワ
ナ〜オ〜 ナ〜オ〜 ナ〜オ〜
ナナナ ナ〜ナ〜ナナナナ イシカワナ〜オ〜 ナナナ ナ〜ナ〜ナナナナ ナ〜オ〜ゴ〜ル

MF No.19 平岡翼
タスク タスク タスク

FW No.20 前田遼一
マッエッダ マッエッダ マッエッダ
マエダリョ〜イ〜チ 俺たちと〜共に〜 マエダリョ〜イ〜チ 青赤に〜染まれ〜 ラララララララ ラララララララ ラララララララ トオキョオのマエダ〜

MF No.21 ユインス
インス インス インス インス

DF No.22 徳永悠平
トクナガ トクナガ トクナガ
オ〜 トクナガ〜 オ〜 トクナガ〜 強い 速い 点も 取れる 大型ディフェンス トクナガ〜

MF No.23 中島翔哉
ショーヤ ショーヤ ショーヤ ショーヤ
オ〜ショーヤ オーショーヤ オー ショーヤ ショーヤ ショーヤ

MF No.24 佐々木渉
ワタル ワタル ワタル

DF No.25 小川諒也
オガワ オガワ オガワ

DF No.26 柳貴博
ヤナギ ヤナギ ヤナギ

MF No.27 田邊草民
ソ〜タン ソ〜タン ソ〜タン ソ〜タン
ソ〜タン オオオ ソ〜タン オオオ ソ〜タン オオオ ゴ〜ルを決〜め〜ろ〜

MF No.28 内田宅哉
ウッチッダ ウッチッダ ウッチッダ

DF No.29 岡崎慎
マ〜コ マ〜コ マ〜コ マ〜コ

GK No.30 廣末陸
リ〜ク リ〜ク リ〜ク リ〜ク

GK No.33 林彰洋
ハヤシ ハヤシ ハヤシ

MF No.35 鈴木喜丈
ヨシタケ ヨシタケ ヨシタケ

MF No.36 山田将之
ヤマダ ヤマダ ヤマダ

MF No.37 橋本拳人
ケント ケント ケント ケント

MF No.38 東慶悟
ヒガシ ヒガシ ヒガシ
オ〜 ヒガ〜シケ〜ゴ オ〜 ヒガ〜シケ〜ゴ オ〜 ヒガ〜シケ〜ゴ

FW No.44 阿部拓馬
ア〜べ ア〜べ ア〜べ ア〜べ
ア〜べ〜タクマ〜 ア〜べ〜ェタクマ〜 ラララ ラ〜ラ ラララ ラ〜ラ ラララララララ〜

GK No.50 波多野豪
ハタノ ハタノ ハタノ

監督 篠田善之
シノダ トキョ!
関連記事
スポンサーサイト

DAZNがリーガ・エスパニョーラの放映権を獲得! 1750円でどれだけ見れるの?

DAZNは本日、リーガ・エスパニョーラの放映権を獲得したことを発表しました。といっても全試合を配信するわけではなく、毎節5試合のライブ配信となります。それでも、同じリーガ・エスパニョーラの放映権を獲得しているWOWOW、スポナビライブ(ソフトバンク)ユーザーを引き込むことができるようになりました。
試合配信ですが、国際映像を使うだけでなく、DAZN独自の映像も楽しめるそうです。配信が始まる第29節はビジャレアル、アトレティコ、セビージャ、レアル、バルサのゲームを配信する予定です。

当たり前ですが、リーガ・エスパニョーラの配信が始まるからといって価格が変わるわけではありません。
1750円でJリーグ、ブンデスリーガ、リーグアン、セリエA、リーガ・エスパニョーラなどのリーグ戦を、FAカップ、コッパ・イタリア、DFBポカール、国王杯などのカップ戦を、南米、北中米、欧州のワールドカップ最終予選を楽しむことができます。他にも非常に多くのスポーツを楽しめるため、間違いなくお得になっていますね。
ドコモユーザーは同じ内容をさらに安く楽しめます。僕はドコモユーザーではないので羨ましいですね笑

これからもDAZNにはお世話になります!
関連記事

FC東京にアクシデント… 高萩が右母趾末節骨骨折で戦線離脱

日本代表に久々に招集された高萩。川崎戦での負傷と日本代表参加中の負傷により、UAE戦はメンバー外、スタンドからの観戦となっていました。

その日本代表は今野、大迫がUAE戦で負傷し離脱を余儀なくされることになりました。そして、高萩も負傷により離脱することが発表されました。

医師の診断によると、高萩は右足の親指を骨折(右母趾末節骨骨折)してしまったそうです。
全治期間などはまだ分かりませんが、2014年に右母趾末節骨骨折をした現モンテディオ山形の菅沼には全治6週間という診断結果が下されました。負傷状況は異なるでしょうが、それなりの期間は離脱することになりそうです。

今季公式戦全試合にフル出場の高萩。FC東京は彼の穴を埋めることが出来るのか。頂点に立つために、最初の試練が訪れることとなりました。
関連記事

日本代表、AFCへの登録メンバー93名を更新 FC東京からは12名が選出

UAEに2-0で勝ち、タイ戦を控えている日本代表。先日、AFCに登録されているプレーヤー93名が判明しました。


まずはGK
20170325111601750.png

現在代表に招集されている川島 西川 林の他に、ハリルJAPANで招集経験のある権田 東口 六反がメンバー入り。他にもリオ五輪代表の櫛引 中村がメンバー入りしました。カタールW杯を見据えて、リオ五輪代表のこの2人を招集してみても面白いでしょうね。


次はDF
201703251116033be.png

こちらにはFC東京から森重 室屋 宏介 丸山 諒也が入りました。怪我から復帰した内田もメンバー入り。塩谷や藤春あたりはいつ選ばれてもおかしくないですね。


最も多いMF
20170325111604a2c.png

こちらにはFC東京から拳人 翔哉 高萩 米本がメンバー入り。海外でプレーしていて現在代表に招集されていない加藤 森岡 瀬戸 岳も入っています。昨季JリーグMVPの憲剛やキレッキレの学は招集されてほしいです。というか見たい。


最後はFW
201703251116061a7.png

こちらにはFC東京から永井 嘉人がメンバー入りしました。今回代表から外れたよっち 小林悠は選ばれてほしいです。鈴木優磨はいつ招集されるか注目です…


この中に入ってはいませんが、シュミットやヤット、関根あたりは追加登録されてもおかしくないですね(出来るのか知らないけど)。鳥栖の原川、川崎の板倉と三好、柏の伊東といった若手も選んでほしかった。
熾烈や代表争いになるといいですね。



関連記事

ウタカの躍動、林の神セーブ。多摩川クラシコは「シン・トーキョー」への第一歩となるか

先週末に行われた多摩川クラシコ。前節完敗を喫したFC東京は、多摩川クラシコ4試合ぶりの勝利を目指して川崎フロンターレと対戦しました。
結果は3-0でFC東京が勝利。先制点が入るまで、いや2点目が入るまではどちらが勝ってもおかしくない試合でしたが、結果的に3点差をつけての勝利となりました。

勝利を呼び寄せた、いわゆるMOMはピーター・ウタカでしょう。加入後リーグ戦初出場となりましたが、ブランクを感じさせない活躍でした。
ルヴァン杯でもみられましたが、彼はワンタッチプレーが非常に上手いですね。得点シーン、アシストシーンもワンタッチプレーですし、他にも随所にワンタッチプレーで相手を撹乱させました。翔哉、嘉人のようにボールを運べる選手も重要ですが、相手の陣形を崩しやすい「ワンタッチで捌く」ことができる選手が中盤の高萩だけでなく、前のポジションにも加わったことは非常に大きいですね。

忘れてはいけないのが林の神セーブ。といっても多くの方が忘れてないと思いますが笑。開始早々のCKに始まり、今節も何度もチームを救いました。
彼がいることでディフェンダーもプレーしやすくなり、チャレンジする回数が増えたように感じます。もちろん簡単に飛び込むのはご法度ですが、「あいつなら仮にかわされてシュートされても止めてくれる」という安心感がプラスに働いてるのでしょうね。林神、今後ともよろしくお願いします笑。

昨季から変わったように感じることは、GKの安定感と安心感によるチャレンジの多さと、より流動的になった攻撃ですね。チャレンジする回数を増やすことでカウンターを仕掛ける回数も増えるでしょう。また、昨季終盤から見られるアクションフットボールにも磨きがかかってきました。
ただ、もっと攻撃の精度を高めることが必要ですし、結局のところ林に仕事をさせないことが一番です。

勝負の開幕4試合を終え、現在2位につけてます。シーズンは始まったばかり。FC東京が「新」生から「真」の力がついたクラブに変わるよう、勝利を重ねていきたいですね。
関連記事

ミスに泣き、力で上回られたガンバ戦 勝つために何が必要だったのか?

昨日行われたガンバ大阪戦。三連勝をかけて戦ったFC東京ですが、3点を奪われ今季初黒星を喫しました。


この試合、ガンバ大阪のシュートは10本に対しFC東京は12本のシュートを放っています。決定機の数も大差なかったように感じます。では、なぜ3点を奪われる一方でゴールを奪えなかったのか。答えは速攻の質にあるでしょう。

アデミウソンのゴールで先制したガンバ大阪は、その後カウンターでいくつか決定機を作りました。FC東京は負けているからしょうがない、という見方もありますが、普段から10秒以内に攻撃をする練習を取り入れているガンバ大阪はそれが生きた印象です。サイドからカウンターを仕掛けるときに反対サイドからも選手が上がってきていて、そこにスルーパスを送り決定機を作る形には「おお」と声が出てしまいました。FC東京もカウンターを仕掛けることが何度かありましたが、個でいくことが多く潰されましたね。もう少し意外性のある動きでのサポートが見たかったです。

ただ、正直カウンターだけでゴールを狙うようなサッカーをするチームではありません。中盤でボールを持っているときに永井や嘉人は裏へ抜け出す動きをしています。仮に相手DFの壁ができていたとしても「上に敵はいない」(スポーツコロシアム、中村憲剛の言葉)ので、ふわりとしたボールで前にフィードを送る回数を増やすべきでしょう。途中出場の前田へのアーリークロスも効果的でしょうね。

最後に、吹田スタジアムの芝について。今節、FC東京は10回ほど芝に足を取られました。拳人のオウンゴールも芝に足を取られスライディングのタイミングがずれた結果、起きてしまいました。このことについて、何か対策はできなかったのかと思います。吹田スタジアムで行われたガンバ大阪×ヴァンフォーレ甲府のゲームでも、ガンバの選手が何度も芝に足を取られていました。このことに気づいていたとしたら、滑りにくいスパイクを使用するようにしてほしかったです。まあ、結果論ですが。


次節は多摩川クラシコ。その前に今日のJ3と水曜日のルヴァン杯があります。悔しい敗戦を喫したときこそ、下からの底上げが大切になるでしょう。
関連記事

«  | ホーム |  »

カウンター

ツイッターアカウント

リンク

このブログをリンクに追加する

にほんブログ村

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

FC東京 (546)
チャント (4)
jリーグ (59)
日本代表 (89)
海外サッカー (27)
FC東京 バレーボール (4)
挨拶 (26)
未分類 (14)
トリビア (7)
日常 (27)
企画 (25)
ユース (27)
再掲 (1)
あるある (2)
日本サッカー (22)
Jリーグチャント集 (6)
更新情報 (17)
選手名鑑 (36)
実況 (3)
移籍情報 (78)
FC東京U-23 (14)
審判 (1)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
158位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
サッカー
31位
アクセスランキングを見る>>

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR